PROJECT PRODUCE|営業チームを強くする

Contact Us|お問い合わせ

ホーム > 最新情報 > お知らせ > コーチングとティーチング、部下指導はどちらが効果的なのか?
  • お知らせ

コーチングとティーチング、部下指導はどちらが効果的なのか?
15.09.29

こんにちは、プロジェクトプロデュース 亀田です。
このメールは、以前お名刺を交換させていただきました皆様にお送りしております。
このメルマガの後半に、無料セミナーのご案内もしております。
そちらも、ぜひ、ご参照ください。

 

表題に記したようなメンバーの育成手法については、管理職やチームリーダーの方々にとって、

日々向き合っているテーマだと思います。

 

一般的には、経験の浅いメンバー、つまり知識スキルがまだ備わっていないメンバーには

ティーチングで関わり、一方、一定の経験値を持ちその応用で答えを見出すことができるメンバーには

コーチングのアプローチが有効だと言われています。

 

ただ、実際にはそう簡単にメンバーを色分けすることができないのが現状ではないでしょうか。
例えば、他の事業部で長年営業経験を積んでいるベテランでも、別事業部に異動すれば、

その事業部特有の営業知識やスキルが必要になってきます。その場合はティーチングが必要です。
一方、“お客様と良好な関係を築く”という普遍的なスキルにおいては、これまでの経験が十分通用するため、

コーチング的に関わりながら、本人に解を考えさせ、実践させてみるという育成方法が妥当かもしれません。

つまり、ベテランにはコーチング、新人若手はティーチングといった紋切り型のアプローチで対処するのではなく、

メンバーが携わる個々の業務ごとに使い分けることが重要です。

 
この考え方は、世界的大ベストセラー『1分間マネージャー』の共著者である

ケン・ブランチャード博士のシチュエーショナル・リーダーシップ理論(以下、SL理論)に基づいています。

 
ご興味のある方には、以下の無料のセミナーをご用意しています。
メンバーへの働きかけ方について、わかりやすい判断基準を提示しています。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
SL理論に基づく、SL II(R)のプログラムの無料説明会のご案内
詳細は:http://krs.bz/peoplefc/c?c=1299&m=5046&v=350eed22
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
対象 :部下育成、マネジメント研修をご検討の企業様(同業他社はご遠慮ください)
参加費:無料
日時 :10月14日(水)14時〜17時
主催 :ブランチャード・インターナショナル・ジャパン
会場 :株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング セミナールーム
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-12-8 ル・グラン原宿
東京メトロ副都心線「北参道駅」徒歩2分
JR「千駄ヶ谷駅」「代々木駅」「原宿駅」徒歩8〜9分
※ 株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングは、
日本で唯一SL II(R)プログラムのライセンス契約を交わしており、
弊社プロジェクトプロデュースが資本業務提携しているコンサルティング会社です。

 
>>お申込みはこちら↓<<
https://krs.bz/peoplefc/m/slxguide
※お申し込みの際は、「PPメルマガ経由」とご記載をお願いします。
(10月19日は既導入済み企業様が対象です。ご注意ください)

 
部下育成の実践的方法が学べるとあって、マネージャー向け研修の定番として、
米コカ・コーラ社や米アメリカン・エキスプレスなど世界80ヵ国において採用され、
日本でも多くの企業に導入され成果が確認されています。
↓詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.blanchardinternational.jp/results.html
https://goo.gl/jeE1mi

 
日程のご都合がつきましたら、ぜひ、ご参加ください。
よろしくお願い申し上げます。

  • 前ページ

  • 記事一覧

  • 次ページ